『大殺界』とは六星占術の呼び方で、四柱推命の『天中殺』と同じことですが、この時期の金運は、意識しないと悪くなりがちですし、対策をすると良くすることもできます。そもそも金運とは何か」というのもありますが、ここでは単純に世間のイメージと合わせて「お金が入ること」と定義して説明したいと思います。

天中殺の時期の特徴

天中殺の時期がどんな時期なのかというと『普段は塞がっている上限・下限の蓋が開いて、通常の度合いを越えたいろんなことが起こりやすい時期』と言えます。

そしてそんな時期は自分自身の在り方が非常に重要で、『在り方によって、その結果に天と地の差が出る時期』とも言えます。自分の利益や欲を満たすための行動は災いに転じてしまいますが、逆に、世のため人のため、勉強のため修行のためという意識でいれば、通常では考えられないくらいの良いことが起こる可能性も秘めています。

また、健康面も不安定になりやすい時期ですので、注意した方が良いですね。

金運を良くするには

上記の説明から推測できると思いますが、金運を良くするには、 以下のことが大事です。

  • 人が喜ぶことを積極的に行う
  • 健康管理をする
  • 修行の精神で過ごす

人が喜ぶことをすれば、徳積まれ、巡り巡って良いことが起きたり、事業が一気に飛躍したりします。健康を維持するよう努めると、病気になって無駄な出費を抑えることが出来ます。修行の精神を怠ると、感情的になって『健康状態の悪化(起こると肝臓が悪くなるなど)』『人間関係のトラブル(騙される・離婚するなど)』『自分らしくない行動』『その他の災い』に転じ、大きな出費に繋がることもあります。

要は、楽して金運を上げよう・儲けようとすると、騙されたり無駄な出費が嵩んだりしますが、真面目に誠実に謹んで、世のため・人のためを想って行動することで、思いがけないラッキーが待ち受けているかもしれない、ということです。


⇒アメブロで、よりリアルな内容を書いています。


↓四柱推命を習得したい方・仕事にしたい方は以下をクリック下さい。