十二運星の『長生』は
主に『信用されやすい』という意味があり、

帝旺・冠帯・建禄に次いで
準身強と言われている良い星です。

『長生』が十二運星にある人は

穏やか・上品で、
元から人に信用されやすく、

裏の星である『病』を持っている人も
その要素を持っています。

また、第二宿命に『長生』がある人も
社会的に信用されて人を守るなどの役割を担っており、

大運や年・月のバイオリズムで
『長生』がある時期は

信用されやすいので
それを活かしていくと良いです。

↓十二運星にある場合(上)と、大運にある場合(下)

信用を活かすには
まずは信用度を高めることです。

そうすることで
本来の自分自身の資質が発揮されたり
良い時期を過ごせたりできるようになります。

では、信用を高めるには
どうすれば良いでしょうか?

以下がその具体的な対策例です。

・相手の話をじっくりと聞く
・自分の弱みも隠さずに見せる
・支払いは早くする
・自らリスクをとる
・言ったことはやり、できないことはできないと言う
・分からないことは、分からないと言う
・正直、誠実である
・努力をし、最善を尽くす
・約束を守る
・物を大切にする
・相手の立場に立ってものを考える
・仕事は心を込めて丁寧に、きっちりとこなす

『長生』を持っている人や
『長生』が巡ってくる時期は、

効率やテクニック、
自分の欲や気分よりも

上記をより一層意識して
信用・信頼を高めましょう。

ひとりひとりとの人間関係が
強固な絆となって

少しずつでも着実に
輪が広がっていくのです。



★本格メール鑑定(文字数無制限・質問し放題)

関東以外の方でも、後から何度でも読み返せる充実した鑑定結果・アドバイスをもらうことができます。鑑定結果に対して、1往復無償で質問にお答えしますので、現状の迷いなどに関する助言はほぼ得ることができます。 ⇒詳細はこちら

★対面鑑定(東京都内・神奈川県)

カフェで話をしながら、聞きたいことをその場で何でも聞くことができます。 ⇒詳細はこちら

★四柱推命習得講座(東京) ~自分自身・家族・友人を幸せにするために~

マンツーマン形式・6回の講義にて、鑑定ができるようになるまで分かりやすく丁寧にお教えします。50枚以上のまとまった資料も提供しますので、後で見直すこともできます。 ⇒詳細はこちら






▼四柱推命を試してみたい方は以下をお申し込みください。