月柱の通変星は主に仕事のスタイルを表し、
『印綬』は心配性なため大手企業で働くのが良いと観ます。

しかし、月柱に『沐浴』がある場合は
中年期の仕事において『自由エンジン』が搭載されているため

決まった規則の中で動くのは

飛行機のエンジンを積んで
小道を走っているようなものです。

能力をフルに生かせずに
もどかしさを感じながら働くことになります。

ですので、両方ある場合は
安定欲求と自由でいたい欲求の葛藤が起こります。

そんな時の対策は
両方を得ることです。

具体的には・・・

【STEP1】
会社内で自由に動けるような環境づくりをする。
または自由に動ける会社に転職する。
(バイトでも派遣でも何でもよいです)

【STEP2】
会社勤めで安定収入を得ながら
それ以外の時間で自由に動いて安定収入を作る。

【STEP3】
自分の事業などで安定収入を作り
会社勤めを辞める

STEP1と2は同時進行でも良いですね。

状況や他の星回りによって
最適な判断は変わってきますが

上記のステップを踏むことで
沐浴エンジンが活かされてイキイキと仕事ができ

楽しい人生が送れるようになるでしょう。