金額が高い商品・サービスを提供することに
罪悪感を感じてはいませんでしょうか?

それは過去にあなたがそれによって
借金を負うなどの痛い目に遭ったからかもしれません。

実は僕も例外ではなく、

これまでに以下のような商品を、
現金などありませんでしたが
ローンや分割で購入してきました。

・浄水器 20万円
・ビジネスの権利 20万円
・教育プログラム 50万円
・心理学の教材 100万円
・スーツ・コート 130万円
・代理店の権利 80万円
・時計 60万円
・四柱推命(&気学) 60万円
・経営塾 50万円

振り返ってみて思うのは、
高額なものほど価値を感じて活かそうとするため
人生に大きな影響を与えるという事です。

中には後悔したものもありますが

それは
・充分なフォローがないもの
・自分から身を引いたもの
・漂う空気が良くなかったもの
のみでした。

という事は、

しっかりとフォローをすれば
相手は後悔することなく、

人生に役立てて
より幸せになっていくことができるのです。

逆に高い価値があるのに安価で提供すると
相手は価値を感じず、

それこそ無駄遣いに近く
宝の持ち腐れになる可能性が高いでしょう。

あなたも過去にした高額の買い物を
振り返ってみてください。

そうする事で
府に落とすことができるでしょう。

ただ金額を上げればよいということではなく
質を高めたうえで、やはり適正価格で提供するべきなのです。

▼次の記事を読む
⇒ ⑩ 相手の経済状況に左右されないこと