「四柱推命講座を受けたいけど、お金がない・・・」
という方も少なくないと思いますが、

借金で首が回らない状況でなければ
基本的には払えるはずです。
(借金返済が大変な場合は、債務整理も検討してみましょう)

お金のことが得意でない方も多いと思いますので
費用の捻出方法についてお伝えします。

講座受講に必要な金額

まず、四柱推命講座ですが、クレジット決済を導入しております。

クレジットカードが使えない場合は月2万円からの分割に対応しておりますが、クレジットカードが使える場合はリボ払いなら数千円からの分割にできるはずです。

詳細はお手持ちのクレジットカード会社にご確認ください。

費用捻出の基本的な考え方

当たり前の話ですが、収入から支出を引いた分が、自由に使える金額となり、それを受講費に充てることが出来ます。

ただ、一般的には、意図的に貯蓄をしていない場合は、お金が余るということはありません。ですから、“どこかの支出を減らす”という事になります。本気で四柱推命を使えるようになりたいのなら、その代償は仕方がありませんね。

まずは、『収入がいくらなのか』そして、『毎月の支出は、何にいくら必要なのか』の収支を明確にすることです。

特に支出は、通帳などを確認して、何にいくら使っているのかを1項目ずつ書き出しましょう。(食費や光熱費などの流動支出は、大体の金額でOKです)

支出を減らすには

支出の各項目を1つずつみて、節約できないかを検討してみましょう。

まず、上記の“支出の項目とその金額”を出した段階で、支出の合計より収入が多ければ、“何に使っているかを把握していない支出がある”という事になりますので、その分は削ることができるはずです。趣味に使っているものやお菓子などの無駄遣いは、真っ先にカットする気持ちが大事です。

それから、食費や通信光熱費なども節約できるかもしれません。

資産運用・貯蓄目的の定期預金は、利率も大したことが無いので、解約して自己投資に充てた方が見返りは大きいでしょう。

また、払いすぎている生命保険など、解約や減額をしても問題がない金融資産が無いかを見直してみましょう。

更に、返済しているものがあれば、それをリボ払いに変更するなどして月額の支払いを減らせるかもしれません。

ものによっては、支払いや借金の返済を待ってもらうこともできるかもしれません。

収入を増やす

どれだけ頑張っても支出を減らせない場合は、収入を増やすこともできます。

・仕事を増やす
・家族に出してもらう(一部でも良いので)
・持ち物を売る
・クラウドファンディングで集める
・融資を受ける
・給付金や助成金の対象になっていないかを確認する

あとはやるだけ

上記1つずつに取り組んだり組み合わせたりすれば、月数千円~2万円くらいは捻出ができるはずです。

それでも難しいというのならば、そこまで本気ではないか、今はタイミングではないという事だと思います。

以下の記事も参考にしてみてください。

⇒四柱推命講座の受講料が高額で迷っている場合