「今年・来年はどんな年になるのか」
それは多くの人が気になっていることであり、

運気の流れには法則性がありますので、
推測することもできます。

令和も3年目となりますが、
様々な観点がありますので
ぜひ参考にしてみてください。

なお、2021年2月4日までは
2020年の運気ですから、
それまでの事は以下を参照ください。
⇒2020年の運気・運勢・過ごし方

令和は『陽』の時代

時代は、明治(陽)⇒大正(陰)⇒昭和(陽)⇒平成(陰)と、陰と陽を繰り返しています。『明治時代』は、渋沢栄一が産業を発展させました。『大正時代』は、民本主義を謳った大正デモクラシーが起こりました。『昭和時代』は、最終的には東京タワーやディズニーランド、ファミコン、成田空港や青函トンネルも完成し、物質文明が発展しました。第二次世界大戦(1939.9.1~1945.9.2)もありましたが、日本のお陰で世界の植民地支配がほぼなくなって独立する国が増え、東京オリンピック(1964)に参加した国も120か国にまで増えました。『平成時代』は、物価もあまり変わらず経済的な成長はしませんでした。

そして『令和時代』は、ここでは書けない真実もありますが、発展していく、いや、発展させていくべき時代であると言えます。2024年には新1万円札が渋沢栄一になる事もそれを象徴しています。

令和は『和』の時代

日本に古くからある言霊信仰の見方をすると、元号はその時代を表しています。複合的にいろんなメッセージが含まれているのですが、例えば『明治』は、“日と月で治める”と書きますが、日は物質文明を表し、月は精神・文化・宗教・文学などを表します。明治時代は、身分・人種の差をなくす精神で明るく治めていくことを目的としてた時代であったと言えます。
『大正』は、“大きく正す”という字の通り、物質文明に偏った状況を正すために女性性や原点を大事にする原点回帰の時代であったと言えます。『昭和』は、“日が召されて和する”と書きますが、目に見える所で豊かになっていこうという時代でした。
『平成』は、“平らに成る”または『平』の字は『一八十』と分解できますが、これは“イワト”と読むことができ、“(天照大御神が)岩戸にお隠れになっている時代”という意味があります。地下鉄サリン事件や毒物カレー事件、大震災や台風などの暗いニュースが目立ちました。まさに、暗闇に包まれたような時代だったと言えるのではないでしょうか。前向きに捉えれば浄化や学び、繋がりができた時代でもあり、スプリチュアルブームとなるくらい人々が本質を求めていった時代とも言えます。
そして『令和』は、“テーマは和すること”であると捉えられます。“れい”は様々な見方が出来ますが、1つは“0(零)”ですので、これも輪の形をしています。また、『鈴』『冷』の時にも使われるように、澄み切るという意味もあります。

令和は『天岩戸開き』

時代は、神話が繰り返されているという見方があります。平成は天岩戸隠れの時代と書きましたが、過去と照らし合わせるとこれは偶然とは言い切れません。
日本神話では宇宙が出来た後、イザナギとイザナミが日本の国土を生んでいきますが、明治時代に廃藩置県が行われています。その後、イザナミは死に、黄泉の国に連れ戻しに行きますが、結果として愛し合った者同士が別れ、イザナギは嘆きと悲しみに沈みました。第一次世界大戦では日本はロシアに出兵し、更に関東大震災で別れや悲しみに包まれました。

それからイザナギは
アマテラスを産み、スサノオによって世界が荒れたり他の神様が死んだりもしましたが、なんだかんだでアマテラスによって世の中は保たれていました。昭和は戦争や原爆もあって荒れましたが、平和的な条約が締結されたり戦争が終わったりして、世界は照らされ、和しました。
アマテラスは、管理不足で神様を死なせてしまったと自分を責めて天岩戸に隠れたのが平成ですが、実際、過去に日食などで世の中が真っ暗になったことがあってそれを神話にしたのではないかという説もあります。
アマテラスを外に出すために神々は話し合いました。そして、それぞれの得意分野を活かし、宴を開き、協力し合ってアマテラスを外に出すことに成功しました。それが令和に求められるテーマと言えます。
アマテラスは太陽神ですから、それによって世界は明るくなります。コロナ=太陽ですから、コロナによって今後の未来が明るくなるのです。
また、アマテラスを外に出した際に、天手力男命(あめのたぢからおのみこと)という神様が天岩戸を塞いでいた岩を遠くに放り投げましたが、それが戸隠山であるという言い伝えがあります。アマテラスを外に出す作戦を考えたのは思金神(おもいかねのかみ)ですが、どちらも戸隠神社に祀られています。2021年(できれば2020年のうちから)、早めに戸隠神社に参拝しておくと明るい世界が訪れやすくなるでしょう。

2021年は『日本を世界に発信か?原点に立ち返るか?』

神話に限らず、世の中には自然界・宇宙の法則があり、フラクタル(相似象)として同じようなものが出来たり同じような出来事が起こったりします。例えば、原子核の周りを電子が回っていることと太陽の周りを惑星が回っていること(太陽系もプレアデス星団・アルキオネの周りを回っています)、世界の大陸で日本地図ができること、樹木の構成と葉っぱ1枚の構成が似ていること、海と人間の水分の割合が同じことなどが挙げられます。
それは、物の形だけでなく、時間の流れに関しても言えます。春夏秋冬が繰り返したり月の周期が決まっていたりもしますが、干支暦では60の周期、マヤ暦では最長で5415年の周期などもあります。(宇宙規模で観るともっと大きな周期もあります)。
実はマヤ人が発見した周期は13のサイクルがベースで有り、1300年というスパンでも相似象になりやすいです。1300年前の721年には通貨の換算や軍の配置など、国を整えるようなことがされています。2024年には紙幣が刷新されますが、国の整備のようなことも起こるかもしれません。また、2020年のオリンピックが2021年に延期となりましたが、720年に日本書紀完成によって日本らしさを世界に発信したように(古事記は国内向け・日本書記は海外向け)、東京オリンピックはそのような役割を果たすのではないでしょうか。
もしくは、オリンピックが中止になる可能性もあります。その場合、これは、海外の影響を受け過ぎた日本が原点に立ち返るときであると捉えることができます。過去に遡ると、菅原道真公の『白紙に戻そう遣唐使』、江戸時代の『鎖国』という例があります。外国人を受け入れがたい今の状況は、このような意味があるのかもしれません。

令和は『仲間作り』が重要

算命学・鳥海流四柱推命では、2014年からの15年間は太陽エリアです。この時期は、人に感動を与える・感情に訴え響かせる時期であると同時に、チーム力・営業力・人間力がポイントとなります。
なお、1999年から2013年までは風エリア(=伝達の時期)だったので、インターネットが普及しました。ライブドアも楽天も、風エリアに切り替わる頃のタイミングに設立されており、話題となった与沢翼さんは、2006年にネット通販の会社、2010年にアフィリエイトの会社を設立し、書類送検があって2014年にアフィリエイトの会社が破綻状態にあることを明らかにしました。
太陽エリアは、風エリアが表すインターネットが出来て当たり前で、そのうえで太陽エリアのポイントを追求すると良い時期です。一言で言うなら『仲間作り』を意識すると良いですが、世の中の状況を見ても、既に1人ではやっていけない時代になっています。例えば、歯医者さんは以前は歯の治療が出来れば経営が成り立っていましたが、今や人事、広報、マネジメント、集客など多様なことの対策が必要になっています。
仕事仲間・同業者・お客さん・他企業などとジョイントしたり、目的や理念を明確にして共有したりしていくと良いでしょう。

流行ったマンガは時代のテーマ

流行るマンガは、その時代を象徴しています。1980年代~90年代の高度経済成長期は、ドラゴンボールや北斗の拳が流行りましたが、その頃は個人の力の強さが大事な時期でした。その後、バブルが崩壊して時代の価値観が変わりました。2000年代はワンピースやポケモンが流行りましたが、この時代は仲間が大事だというメッセージなのです。
そして今流行ってのは鬼滅の刃です。鬼滅の刃は2016年~2020年の申年~子年に世に出たマンガですが、これは鬼退治伝説の桃太郎と関連があります。申・酉・戌=猿・雉(きじ)・犬。亥・子は、鬼滅の刃ではイノシシの覆面を被ったキャラクター「いのすけ」と主人公の妹「ねずこ」、桃太郎では、=核が桃で、は水の五行ですから海を渡ることです。そして丑・寅は、鬼(牛の角に虎のパンツ)を表しています。
鬼滅の刃は、主人公が弱いところから始まります。鬼をやっつける鬼殺隊でも一番下の『癸』という階級です。要は、みんなで力を合わせ、人の力も借りて、不況・天変地異・ウイルス騒動などの鬼を退治していきましょうという時代背景・メッセージがあるのです。2021年・2022年は、丑寅の年ですから、まさに鬼退治の渦中となるでしょう。
なお、2020年10月16日に公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』では、心の炎を燃やすことが重要なテーマとなっています。風水という占いがありますが、日本では火が最も重要で、火を一番目に加えた火風水で“ひふみ”のエネルギーとなるのです。映画公開後10日間で興収100億円突破したのは、四柱推命で公開日を選んだからというのもあるかもしれませんが、多くの日本人また日本国が、潜在的に必要だと知っていたからではないでしょうか。

ピラミッド型から『球面体』へ

時代は、『安定の時代』と『不安定の時代』も繰り返していますが、スタンス・組織形態もそれに合わせた方が良いです。安定の時代には、ヒエラルキー(ハイアラーキー)と呼ばれるピラミッド構造が向いています。組織の統制が取れていて、上からの指示がスムーズに全体に行き渡り、それぞれが役割を全うしてそのように動くことです。また、各分野でもスターのような人が現れ、それを支持したりその教えに従うことによって、心の平安や経済的な豊かさが得られます。
今は、『不安定の時代』です。この時代は多くの人が不安を抱えており、それは組織のトップやスターとなった人も例外ではありません。ピラミッド構造の誰もがそのような状態では、誰を信じて良いのかもわからず、それぞれが自分でどう生きていくかを模索し、自立することが求められます。そのうえで、助け合っていくことも必要です。
そんな時に必要とされるのは『球面体』という形態です。全ての人が全ての人と対等に繋がり、その時々の局面によって誰が上になるかが変わり、情報も共有しあって上手く組織を前に転がしていくことです。

時代の変わり目は何かが起こる

時代が変わるという事は、空気感・エネルギーが変わるという事であり、それは人の心や意識にも影響を与えます。過去を振り返ってみても、時代の変わり目には以下のような大きなことが起きています。
  • 明治元年:明治維新、戊辰戦争
  • 大正3年:第一次世界大戦
  • 昭和2年:昭和金融恐慌
  • 昭和4年:世界恐慌
  • 平成元年:消費税開始
  • 平成3年:バブル経済の崩壊
  • 令和元年:過去最大の台風
  • 令和2年:コロナウイルス騒動

これらは、新たな時代になっていくための必要な作用であると言えるでしょう。これらを乗り切り、これまでの過去の時代に捉われることなく、新しい時代を生きる者として意識を変え、順応させていくことです。

子丑の年に予測されること

『陰陽五行』『甲乙丙・・・』『十二支』『還暦』などでおなじみの60干支で観ると、2021年は『辛丑-かのとうし-』という干支が巡ってきます。
2018年~2020年は、『異常干支』という特殊な干支が3年間続いている期間でした。異常ではないという意味では通常の年になりそうなものですが、子年に引き続き『丑』の年も注意しておいた方が良い分野があります。それは、経済です。
『子』と『丑』の年は、多くの経営者(子丑空亡の人)が天中殺の時期です。コロナ騒動でもかなりの打撃を受けた経営者も多いですが、コロナ騒動が落ち着いても油断は禁物です。特にオリンピックが終わってからは経済的にかなり揺らぐことが予測されます。世の中を動かしているのはほとんどが経営者ですから、経営者じゃない人も他人事ではありません。
専門的なことをを言えば、四柱推命の命式・干支暦に『丑』が入っている人が助けてくれるでしょう。いずれにしても、高い在り方を意識し、世のため人のためになる活動をすることです。

辛丑の年

『辛丑』の『辛(かのと)』は『宝石』、『丑』は『冬』『根を伸ばす』『粘り強さと誠実さ』を表しています。
宝石が原石から磨かれるようなことも起こりやすいですが、それは本来の輝きを取り戻すためです。成長するほど結果や豊かさを手に入れることができ、逆に試練から逃げていると石ころのように扱われ事件に繋がることにもなり得ます。(干支は60年で一巡し、これもフラクタルとなりますが)、現に60年前の『辛丑』が巡った1961年は、テロやクーデターや事故なども起きる一方で、スポーツ・建設物・組織変更などの結果も生み出されています。
『辛』の年に苦難を乗り越えて輝いていくために必要なのは『笑い』です。続く悲しみが歓びに変わるときをイメージし、不運をネタに、嘆きを原動力に、すべての失敗を成功に変えて、どんな状況でも笑い飛ばして過ごしましょう。
『丑』の字は、『子』の時に蒔いた種が根を生やしていく形を表しています。ここが踏ん張り時です。2022年の『寅』は芽が出る様子、2023年の『卯』は双葉の形を表しています。芽を出すためには根が必要です。ここで頑張らなければ、2023年(卯年)・2024年(辰年)で『卯辰(うだつ)』が上がらなくなってしまいます。

時代に合った活動

今後の時代もできる限り見据えておいた方が良いでしょう。例えば、日本は遅れていますが、これからはAIが発展していきます。それによって職業が減ると不安がっている人も多いようですが、基本的に文明が発展するほど、人は豊かになるものです。ただ、やはりその流れに付いていけないとかなり生きづらくなってしまうでしょう。どれだけ個人の能力が高くなったとしても、時代に必要とされる自分になる事は必須です。コンピューターでできることの需要は確かに減るかもしれませんが、AIを扱う人・AIにできないこと・人間にしかできないことは、まだまだ必要とされるでしょう。
また、真逆のものと融合していくことが大事であるとも言われていたり、貨幣価値が下がると言われていたり、5G電波も精神に悪影響を与えるので要注意だったりします。
昭和や平成の価値観ではなく、令和の気をいち早く感じ取り、時代に合った活動を見極めていくことです。

『食神』『比肩』『偏印』『養』

四柱推命で更に詳しく観ると、『食神』『比肩』『偏印』『養』という星の意味がある年であることも分かります。読み解き方はいろいろありますが、以下がテーマの時期とも言えるでしょう。
  • 短期目標を立てる
  • 心身ともに豊かでいられるよう工夫する
  • お金を使ってでも人を喜ばせる
  • 喜び上手になる
  • 人を頼る
  • 占いを頼る
  • インターネットを駆使する
  • 1人の時間を大切にする

個人の運気

上記は全て、世の中の流れですが、これに加えて個人の運気のバイオリズムがあります。四柱推命では天中殺を含めて12種類の周期や、更に通変星や十二運星まで出して詳しく観ることもできます。もちろん、それは未来が決まっているものではなく、本人の在り方や姿勢によって、運命はいかようにでも変えることが出来ます。

まとめ~2021年に大事な5つのこと~

2021年がどうなるのか、いろいろな観点で観ることが出来ますが、主なポイントは以下の5つであると思います。

  1. 戸隠神社で明るい世の中を祈る
  2. 心を燃やして目標を決める
  3. 今も未来も笑えるように工夫・努力する
  4. 人を喜ばせながら、頼る
  5. 諦めない

これらの傾向・運気を総合的に把握したうえで、自分の運気も確認してどう過ごすかを考えてみましょう。そして「タイミングが来てから」と言わずに、今から活動を開始していち早く波に乗っていきましょう!

電子書籍『外神による近未来予測学2021年』

↓良ければ以下もお役立てください。

電子書籍『外神による近未来予測学2021年』


【人気の記事】
⇒天中殺の時期の過ごし方
⇒四柱推命鑑定師に向いている星
⇒自分の星(命式)の活かし方
⇒『劫財』+『帝旺』の星がある人
⇒『比肩』+『冠帯』の星がある人
⇒身強と身弱の見分け方と特徴
⇒人に興味がない人(正財・偏財がない人)の生き方

【ピックアップ】

⇒無料相談募集中
⇒2021年の運気・過ごし方
⇒僕からの手紙『四柱推命で世界は光でいっぱいになる』


⇒アメブロで、よりリアルな内容を書いています。

↓自分の命式を出せる無料サイト


↓書籍『オンライン対応!占い起業のはじめ方、成功の技術』

⇒書籍の概要・主な目次はこちら

↓四柱推命を習得したい方・仕事にしたい方は以下をクリック下さい。


↓無料メール講座で試しに学んでみたい方は、以下をご活用ください。

↓大阪開催!コロナ時代を生き抜くために、ぜひ滅多にないこの機会をご活用ください。


【SNS】
⇒Facebookページ『四柱推命を活用する起業家の支援』
⇒Twitter(ブログ更新情報と気付きが満載)
⇒Facebook個人アカウント
⇒インスタグラム