★四柱推命習得・鑑定師養成講座はこちら(クリックください)

鑑定書で観る部分

「私は四柱推命鑑定士に向いていますか?」
という質問を時々頂きます。

以下が四柱推命の鑑定書ですので、
色のついた部分をご確認ください。

なお、自分の命式が知りたい方は、以下で確認できます。
⇒あなたの命式表

(大運の第二宿命は上記リンクでは観れませんが)

図の中の色ごとに以下の星があれば、
四柱推命鑑定師として向いているという事になります。

日柱の十干

日柱の十干は自分自身のタイプを表しますので
向いている・向いていないもあまりないのですが、

『丁(ひのと)』の人は、
人に対して感性で助言することに長けています。

通変星

『偏印』⇒占いそのものが向いています。
『正官』⇒人を幸せにする貢献や、プライドが高いので占いの帝旺が適しています。
『食神』⇒喋る仕事が向いています。
『傷官』⇒高い技術と頭の回転を使い、はっきりとモノを言えます。
『印綬』⇒四柱推命の基礎知識を、早くしっかりと習得することが出来ます。
『比肩』⇒事業にチャレンジしていくことに向いています。

十二運星

『冠帯』⇒女性を対象にした仕事が向いています。
『衰』 ⇒説得力があります。
『長生』⇒信用されやすいです。
『死』『胎』『病』⇒直感力があります。

運勢エネルギー

20以上ならば、事業家として活躍していく素質を持っています。

もし、自分に向いている星が
無かったり少なかったりしても、気にする必要はありません。

隠れている星を出していくこともできますし
何より、鑑定師にならなくても様々な勉強ができる事の方が
四柱推命は価値がありますので、まずは始めてみることです。

四柱推命は多くの人が興味を持つ
事業にしやすい事でもありますので、

命式を観れるようになるだけで
人に求められる存在になる事でしょう。