自分の星回りが
身強なのか身弱なのかによって、
タイプが全く変わります。

身強であれば、事業家タイプ。
現実的にお金を稼いでいくことに向いています。

身弱であれば、アーティストタイプ。
何かのスペシャリストとして活躍できます。

これらはタイプの違いですので
どちらが良い・悪いということはありません。

では、その身強か身弱かの見分け方ですが、

まず、『身強の星』というものがあります。
十二運星の『帝旺』『建禄』『冠帯』です。
これらのどれかが1つでも命式に入ってれば、身強です。

また、運勢エネルギーが20以上の場合も
身強です。

通変星で同じ質の星が表に4つ以上出ている場合も
特殊な運勢となり、身強となります。
(比肩と劫財、傷官と食神、偏財と正財、偏官と正官、偏印と印綬が同じ質の星です)

更に、律音と宿命大半会も身強です。

↓文字の色と枠の色を連動させています。

なお、身弱の人でも事業をやっていきたい場合は
十二運星の裏の星というものがありますので、
身強の星に変えて結果を出していくことが出来ます。

身強の人で芸術家などになりたい場合は
身強を活かさないと陰転してしまいますので、
事業家として活動しながら
裏の星の身弱も出していくと良いと思います。