四柱推命を学びたい・習得したい・興味があるという方は多くいますが、四柱推命は本来かなり難しく、流派によって読み解き方のルールが違うので、独学ではほぼ習得は不可能だと思います。

そこで誰から学びたいのかを決めて習得講座を受講するのが良いと思いますが、僕の場合もある程度の金額を設定させて頂いています。それ故に「受講したいけど高額だから」と迷われる方も少なくないようです。

そんな場合、どうすれば良いのか・どう考えれば良いのかのヒントとなる内容を書きましたので、参考にしてみてください。

そもそもなぜ高額なのか

四柱推命講座が高額なのには、幾つかの理由があります。まず、占い自体が農・政治・戦(いくさ)・大手企業の経営など、国や人の命、会社の存続や繁栄に関わるほど使われるような強力なもの(自然界の法則)であるということです。そして四柱推命は『占いの帝王』と呼ばれるほど世界一的中率の高い統計学であり、伊勢神宮や皇室で使われているほど信頼のおけるものであり、自分を知るという最高位の学問であることが、その価値と言えます。

商品やサービスには適正価格というものがあり、その質に対して高すぎても安すぎても、売り手と買い手の双方に良い影響を与えません。お金とは本来、その価値と同等のものの交換に使われるものですし、高すぎるとボッタクリとなり、安すぎるとその価値を感じたり得たりすることが難しくなるからです。

現に、僕が講座を始めた当初は、僕の考え方も協会の正規ルールも手探り状態だったため、1回1~2万円×全6回で講座をやったことがありましたが、それに受講いただいた3人は満足はしていたものの、今は誰もそれを活かしておらず、中には途中で受講を辞めた人もいました。彼らはもう四柱推命を分かった気になってしまったので、今後も四柱推命をちゃんと使っていくことはないでしょう。それは安く提供してしまった僕の責任でもあります。今ならその時の自分にアドバイスができますが、もっとお金のメンタルブロックを解消することをやっておけば良かったと後悔しています。

家や車は数百万円~数千万円が相場だと思いますが、それを買ったからと言って、一時的な満足感を得られるだけで、幸せになるわけではありません。四柱推命は、本当の幸せとは何か?そのためにはどうすれば良いのか?というところまでを学べる学問ですので、安く見積もっても300万円以上の価値があると言えます。ただ、それではハードルが高いので、できるだけ値段を下げて提供しているつもりです。

僕が学んだ鳥海流が起ち上げた(社)日本占道協会では、『鑑定師養成講座は25万円以上で開講する事」という規則があるのですが、僕の講座では通常の講座に加えて更に多くの時間とお金を投資して学んだ運命学などを取り入れてバージョンアップさせています。フォロー体制にも力を入れていますので、協会の最低金額より少し高めに設定させて頂いています。過激な表現をするなら「人生を劇的に変えるための投資」と思って頂いて良いでしょう。

四柱推命は一生使える学問ですので、残りの人生が仮に30数年としても、年間1万円程度で四柱推命を使っていけるという計算になります。上記のようなことを総合的に捉えて、妥当な金額であると考えております。「安すぎる」と言われるくらい満足度も高いので、これ以上下げることは考えていません。もちろん、四柱推命を使わなくなればそれ以降は無駄になりますので、仕事にせずとも生涯使っていく意識で捉えて頂ければと思います。

⇒四柱推命を学ぶ9つのメリットも参照ください。

具体的には、どこで迷っているのか

講座料が高いから迷っているというのは、高いとなぜ迷うのかという『本当の迷っている理由』がその先にあります。例えば、「元をとることが出来るのか」「生活が苦しくなるのではないか」「特に急いでおらず、現金一括で支払いたいが今はそのお金がない」などがあると思いますが、それを箇条書きに書きだしてみて、どういう状況になるのであればその価値以上を得ることができるのかを明確にしてみると良いでしょう。

そうすることで、ただ漠然と高いと感じていたものが、チャレンジしてみる価値があるのか、それとも今はまだそのタイミングではないのか、どういう条件を満たしたらそのタイミングが来るのかなどを判断できるようになるのではないでしょうか。中には、「子供の教育費は貯金していますが、大人(自分)の教育費(=自己投資)を貯金していませんでした」という方もいらっしゃいました。

理想の未来と講座の内容は合っているか

自分が求めているものを明確にすること、そしてそれが得られるのかを見極めることはとても大事です。鑑定ができるくらいまで四柱推命を習得できる“鑑定師養成講座”を通して、どんな未来を得たいのかを明文化してみましょう。そしてそれが得られるかどうかを、講座の案内ページで確認し、不明なことがあれば問い合わせてみましょう。それは僕の講座に限ったことではなく、いろんな講師の講座に対しても言えることです。安くない金額ですから、その確認は大事ですし、提供側もそれに真摯に応える義務・誠意はあって当たり前だと思います。

なお、インターネットで検索すると、数万円で学べるような安い講座もありますが、本当に自分が求める知識・未来・ライフスタイルなどが得られるのかを、しっかりと確認しましょう。参考までに、僕が提供している鳥海流四柱推命の特徴は以下の記事にまとめてあります。
⇒鳥海流四柱推命とは

例えば、「簡単でいいから安く受けたい」のであれば、僕よりも適している講師がいるでしょう。「頭を使う学問は嫌」というのであれば、四柱推命以外のもっと抽象度が高いものが向いているでしょう。「四柱推命の基本は分かっているので、もっと占いの知識を深めていきたい」と言うのであれば、他流派や他の種類の占いを学ぶと良いでしょう。

僕の講座をお勧めしたい人を簡単に挙げると、
・四柱推命が初めて
・他流派で学んだけど理解できなかった・悪い表現が多くて合わなかった
・同じ鳥海流の他の講師から受講したが、もっと深めたい
・充実した資料と動画で何度も復習したい
・鑑定師との交流やいつでも質問できる環境が欲しい
・四柱推命鑑定師として、または四柱推命を使いながら本当にやりたいことで起業したい
・今の事業を繁栄させたい
・人が本当に幸せになる更なる運命学も知りたい
という方には、合っていると思います。

出張費・遠征費が高いと感じる

遠方の方は、東京・千葉に来ていただくのは遠征費がかかりますし、僕が出張で伺う場合は出張費を頂いています。出張費は、交通機関の乱れによって講座が延期にならないように、前日から現地入りしてホテルに宿泊する料金を主としておりますが、自分の心身の状態やかかる移動時間なども考慮したうえでの金額とさせて頂いています(金額は講座案内ページのQ&Aを参照ください)。

ですから、東京・千葉に夜行バスでお越しいただき、知人や安い宿泊施設に泊まれば、もっと安く済ませることもできます。

また、自宅サロン(以下画像)までお越しいただけるのであれば特別対応として、成田空港か酒々井(しすい)駅への送迎・宿泊・自宅での食事・お風呂を無料提供にてご招待します。夜は和室を1つ専用でお貸しします(もちろん布団もあります)。妻も常に家におりますので、ご安心ください。何なら、楽しい合宿気分で、近くの温泉、観光案内も付けても良いです^^(外で使う費用は実費でお願いします)

また、基本的にはzoomで講座を受けていだければ、出張費・遠征費はかかりません。できれば最後に一度は会えればとは思いますが、できる限り費用を抑えたいということであれば、全てzoomで対応することもできますので、出張・遠征を0回・0円にすることも可能です。

他で講座を受けた場合

以前に学んだ講師が『鳥海流の講師または鳥海流出身者』で、かつ、『全ての講座(十干・異常干支・通変星・十二運星・円推力・宿命中殺・運命周期・大運・相性)を受講されている場合』であれば、直接フォローの回数を減らして(個別講座の場合は1回、グループ講座の場合は当日のみ)、大幅値引き(協会規定の最低価格:25万円+税)で対応したいと思います。その場合は『協会の公式テキスト』または『修了証などの受講証明書』を提示願います。なお、あくまで迷っている方の背中を押すための特別対応ですので、申込時に申告を頂いた場合にのみ対象とさせて頂きます。
他流派で学ばれた場合は、基本スタンスや読み解き方が根本的に違いますので対象外となりますが、そのような方々にも充分に満足を頂いております。

自分にそこまでの気持ちがあるか分からない場合

四柱推命の講座を受講して元をとっていくためには、それなりの熱量が必要です。ただ、気合を入れる必要はありません。テンションは必要なく、静かなモチベーションがあれば大丈夫です。そもそも幸せな働き方とは、自分が無理をすることなく、人を喜ばせることによって幸せを感じることですので、そのようなライフワーク(またはそれ以上の天命に生きる働き方)をしていきたいのであれば、早いタイミングで習得されると良いと思います。

趣味程度に学ぶなら、本やネットを観るだけで充分だと思います。ただ、人を鑑定していくのであれば、その人の人生に影響を与えるということになりますので、少なからず責任は生じると思っています(自分を鑑定することにも言えますね)。特に仕事にしていきたいのであれば、しっかりと学び、仲間たちと情報交換・意見交換もしながら、そのような環境を味方にして活動していくと良いでしょう。「鑑定してもらわなければ良かった」「星の意味を聞いて落ち込んだ」と言われては、元も子もないですから。

なお、四柱推命で『偏印』『胎』『沐浴』がある場合は飽きっぽい性格でもあります(印綬・帝旺・死が陰転していて飽きっぽい場合は、まず陽転させることからですね)。僕も偏印が2つ沐浴もありますので飽きっぽく、これまでに雇用されて関わった会社はバイト・派遣も入れると50社以上あります。四柱推命はずっと続いていますが、奥が深いので飽きないのでしょうね。それでも同じ業務をやっていると飽きてくるので、質を追求しながら変化を加えて進化させていっています。このように持っている星に対しての対策をしていけば問題ありません。

また、エネルギーを無駄に消費していたり奪われたりしている場合は、熱量に変換されるエネルギーが不足しているということも考えられます。エネルギーの概念なども講座でお伝えはしていますが、勉強をすることもエネルギーを溜める方法の1つですので、受講しているうちに熱量も上がってくるかもしれません。

今の欲望が正しいのかが分からない場合

衝動的・急に『四柱推命を学びたい』と思った場合などは、それが一時的なものなのかどうかの判断が難しいかもしれません。四柱推命に限らずですが、判断を見誤らない方法があります。それは、その欲望がじわぁ~っとくるものであればそれを選択した方が良く、衝動的なものであれば注意してもう少し様子を観るかやめるかを判断した方が良いです。イメージとしては、前者は『長期間思っていること・セロトニン系・人の幸せのため・世の中のため・ふつふつと湧いて来る・魂の衝動』、後者は『何かの出来事で駆り立てられた・アドレナリン系・どちらかというと自分のため・不安や焦りからくる欲望』ともいえるかもしれません。

邪気・負のエネルギーを祓い、浄化していなければ、感性が塞がれて余計なことに時間とお金を使いがちです。浄化の方法はここでは書ききれませんが、信頼と尊敬ができて自分よりステージが上の好意を持てる人にアドバイスをもらい、その通りにやってみるというのも良いと思います。これまでの自分の考え方・判断が今の現状を作っているのですから、そのままの自分でいくら考えても、状況は変わらないでしょう。

鑑定をしていく自信がない場合

中には、過去の挫折経験などもあり、講座で学んだ後に自分がそれを活かしていけるのかという不安がある方もいらっしゃいます。受講後のフォロー体制としてもそのサポートになる環境はあるのですが、受講するかどうかの判断基準としての機会も用意しております。通常の講座の一部を抜き取った体験版として、個別鑑定と鑑定練習(模擬鑑定の添削など)を内容に含んでおります。
また、たまに「占いの才能がないのでは」と思っている方もいらっしゃいますが、四柱推命は学問ですので、国語・算数・道徳などを学ぶように、誰でも習得が可能です。もちろん、勉強する気が無ければそれは難しいですが、難易度としては中学・高校くらいです(鳥海流の場合)。

本当にお金がない場合

人が飛躍する時は、いかに自己投資・事業投資をしていくのかがポイントとなります。特に、普通は手元に多くのお金がないところから人生が始まりますので、その資金には思い切りが必要になりますし、その中で何とかしていくものです。僕自身も総額500万円を借入やローンで何とかしていました。そして今も更に多くのお金を使って投資し続けています。

その経験から言えることは、
・投資をして自分の知覚外の情報を取り入れなければ人生は変わらない
・最初は見極めが難しく、無駄な投資(浪費)のようになることもあるが、徐々に感覚が分かってくるし、浪費と思ったこともいつか繋がってくる
・切羽詰まったギリギリの方が本気になれて、覚悟が決まりそれを活かせる(やるしかなくなる)
ということです。

現金一括払いが理想だと思いますが、クレジットカードが使えるうちは、社会的信用があるという事ですので、それで何とかなるなら使うと良いと思います。分割払いを少額にするほど手数料も高くなるので、払えそうな金額の範囲内で多めに払うことをお勧めします。

それから、実はどんなに支払いに追われることになったとしても、最悪な状態にはならないんです。そもそも最悪な状態って、何でしょうか?個人的には死ぬことやそれに近いことだけだと思います。最終的にお金が返せなくなったり生活が出来なくなるくらいお金が無くなっても、債務整理・自己破産・生活保護など、法律が守ってくれる国と時代に生きているのですから、心配することなど本当は無いのだと思います。

クレジットカードが使えない場合

僕の場合は、過去に借金の返済に収入が追い付かずに債務整理をした経験もあり、この記事を書いている時点でも見落としていた信用情報機関(CICやJICC)に情報が残っていて、あと数年はクレジットカードを持つことができません。それでも資金調達の必要に迫られたことが何度かありますが、本気になればお金の問題は何とかなるものです。

クレジットカードが使えなくて現金もない場合は、幾つかの対策があります。1つは、家族からお金を借りたり、クレジットカードを使わせてもらうことです。その場合は同意を得る必要がありますね。私的な事例として、僕は車を購入する時にローンの審査が通らなかったのですが、親の定期預金を解約してもらって350万円を借り、多少の利息を付けて10万円×36回を返すことで承諾を得ました。僕の親は収入もなく働けない母親1人なので、返済以上のお金を毎月送ることは必須となりましたが、ローン審査が通っていた場合よりも利息が5分の1で済みましたし、親としても定期預金の微々たる利息よりも多くのお金を得ることになるので、結果としてベストな状態になりました。親は子供の面倒をみたがるものですので、ある意味でそれも良い交流と言えるかもしれませんね。

あとは、僕もお金がない時期を経験しているので、似たような状況の方の役に立てるよう、少額ずつの分割払い(口座からの自動送金)にも対応しています。ただ、それにまつわる業務や連絡なしの延滞・未払いのリスク・ストレスなどを考えると、クレジットカードの手数料よりも高く設定せざるを得ません。そうすると総額は大きくなるのですが、月々の支払額は抑えられますので、要は毎月の支払以上を稼げば良いということになります。それだけのフォロー体制は整えておりますので、あとは本人の本気度次第かなと思います。

払えなくなったら申し訳ない?

また、「分割払いにしてどうしても生活費が足らなくなったときに、滞納してしまうと申し訳ない」と思う方もいらっしゃると思いますが、もし支払いが遅れたりできなかったとしても、正直、こちらとしては1,2万円の支払いが遅れてもほとんど支障はありません。極端に言えば、今月分を遅れずに払ってもらえるかどうかなど、どうでも良いことです。さすがに未納が続いて連絡も取れなくなると困りますが、連絡・相談さえしてくれれば何の問題もありません。そもそも人は、ある意味で迷惑をかけ合いながら、そして助け合いながら生きていくものです。

現状、15名ほどが月1~2万円ずつの分割払いでお支払い頂いていますが、それは心配性である僕からすると、毎月20万円の固定収入のようにも思えますので、実は一定数の分割払いがあった方が嬉しいのです。払えない月も連絡さえ頂ければ大して手間もかかりませんので、問題ありません。中には、家庭の事情で半年くらい支払いを止めている方もいらっしゃいますが、支払い再開の予定を教えてもらえればそれも問題ありません。

なお、未納が続くと滞納金額が溜まっていきますが、こちらとしては“それを糧にして来月頑張りたい”のか、それとも“支払いスケジュールを変えたい”のかが分かりませんので、その時々で希望があれば教えて頂ければと思います。

ですからやる気があるのであれば、そこで悩む必要はありません。大切なのは、ルールやお金よりも、あなたの未来の時間ですから。

一部ずつ受講できないか

要望としては、初級・中級・上級に分けてコマごとに少しずつ受講したいという声もありますが、現状は資料や動画を一式で提供しており、フォローグループでも全て観れるようになっているため、お応えするのは難しい状況です。ただ、結局は全て学ばなければちゃんと鑑定することはできませんので、いずれにしても同等の受講料は必要になってきます。

迷えるということの意味

最後にお伝えしたいのは、迷えることは、それができる可能性を秘めているという事です。例えばあなたが社会人になってからフィギュアスケートを始めていて、普段大会にも出ているとします。でもおそらく、「プロの選手になりたい」「オリンピックに出たい」とは思わないでしょう。それは、それを実現するのはかなり無理があると思っているからです。あまり「それは無理」とは言いたくありませんが、実際、難しいでしょう。要は、できない可能性が極めて高いことに対して、人は迷わないのです。自分にもできるから、迷えるのです。

そして、高額であるほど、人はコミットをし、エネルギーが高まり、元をとろうとします。僕はこれまでに起業塾と経営コンサルタントに150万円を投資していますが、その契約をした直後にはこれまでにない大きな売上を上げる事ができました。ですから、今後飛躍していくことを考えると、他のサービスと比べて10万円程度金額が高かかったとしてもそれは大したことではないですし、お金がそれほどない時ほど大きなお金を使うことで、それを活かそうとし、器も広がっていくのです。なお、中途半場に妥協すると、結局はその後、もっとお金がかかることになる場合が多いです。

サービス提供側として個人的な意見を述べるなら、どんなサービスであれ、相手は常に人間ですので、やりたいことがあればコミュニケーション次第でどうにでもなると思います。お金や支払いをすることは、大事ですが、人生においてそこまで重要なことではありませんし、お金がどうこうということに焦点を当てていては、それに縛られてお互いが苦しくなるだけです。

もっと言えば、当記事の1項目で“家と車を買っても幸せになれない”と述べましたが、逆に言えば、お金はあまりなくても幸せになる事ができます。世界最貧国のバングラデシュの人が、日本人より心豊かに生きているのは良い例です。何を言いたいのかというと、お金の問題はどうにでもなるのですから、本当に大事なことに、限られた命の時間を使って頂きたいということです。

最終的には、自分の人生ですから、
自分で責任を持ち、自分で自分の未来を信じてあげて、
いつ何をするのかは自分で決めることです。

お問い合わせ

もし他に、講座に関することで
質問や相談がありましたら、

極力柔軟に対応したいと思いますので、
以下よりお気軽にお問い合わせください。

 

よくある質問は講座案内ページ(以下)の
下部にQ&Aを載せていますので、そちらも参照ください。
(頂いた質問を元に、時々更新しています)