今より料金を上げると
お客さんが来なくなるのではないかと
不安に思うかもしれません。

そこで1つ知っておいていただきたいのは
『不安はあって当たり前』だということです。

新しいことをやるのに
自信はなくて当たり前です。

不安や自信の有無に関係なく、
上げた方が良いと思うなら、上げるだけです。

もちろん無駄に高くするのではなく
・価値があると思う金額
・そのサービスで申し込むイメージができる金額
・世間の相場
などの視点から

一番しっくりくる金額にすると良いでしょう。

それでお客さんが来るかどうかは
どうでも良いことです。

高いと思って来ない人がいるなら

サービスの質を高めたり
魅力を伝える工夫をしたりすれば良いですし、

それでも高いと言われるなら
その人は現状のターゲットではないという事です。

それほど心配しなくても

お客さんの数は一時的に減るかもしれませんが
その額を払ってサービスを受けたいと思う
新しい層のお客さんがちゃんと現れてくれます。

料金を上げてから全くお客さんが来なければ
別に後で下げても良いのです。

自分自身とサービスに自信を持って
現状の適正価格で堂々と事業を行っていきましょう。

▼次の記事を読む
⇒ ⑧ 提供する商品・サービスの質を完璧にする必要はない