四柱推命をどこよりもやさしく学ぶ 四柱推命 講師の書 [人を幸せにできる人を、日本中に増やす]

  • とにかく四柱推命を体験 今ならLINE登録で無料鑑定!
  • お問い合わせ・お申込みはこちらから
MENU

  • とにかく四柱推命を体験 今ならLINE登録で無料鑑定!
ブログ

二十四節気・七十二候

二十四節気『大寒』(&七十二候)

大寒-だいかん-(1月20日~2月3日頃) 特徴 1年で一番寒さの厳しくなる頃 。逆の見方をすれば、これからは暖かくなると言うことである。「三寒四温」という言葉のように、寒い日が3日続くと、その後の4日間は温かくなり、寒 …

二十四節気『小寒』(&七十二候)

小寒-しょうかん-(1月5日~1月19日頃) 特徴 小寒とは、「寒の入り」と言われ、これから更に寒さが厳しくなる頃。池や川の氷も厚みを増す。小寒から節分までの期間が「寒の内」と言う。寒が明けると立春になる。 花『蝋梅-ろ …

二十四節気『冬至』(&七十二候)

冬至-とうじ-(12月21日~1月4日頃) 特徴 冬至とは、1年で最も日が短く夜の長い頃。寒さを乗り切るために、栄養価の高いかぼちゃを食べ、柚湯に浸かり無病息災を願う慣習が残る。この日より日が伸び始めることから、古くはこ …

二十四節気『大雪』(&七十二候)

大雪-たいせつ-(12月7日~12月20日頃) 特徴 本格的に冬が到来するころ。山々は雪に覆われ、平野にも雪が積もる。朝夕には池や川に氷を見るようになる。大地の霜柱を踏むのもこの頃から。新しい年の準備を始める「正月事始め …

二十四節気『小雪』(&七十二候)

小雪-しょうせつ-(9月7日~9月21日頃) 特徴 木々の葉は落ち、平地にも初雪が舞い始める頃。まだ積もるほど降らないことから小雪と言われている。 陽射しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。お世話になった方に、感謝の気持 …

二十四節気『立冬』(&七十二候)

立冬-りっとう-(11月7日~11月21日頃) 特徴 立冬とは、冬が始まる頃。この日から立春の前日までが冬。日は短くなり時雨が降る季節。木枯らしが吹き、木々の葉が落ち、北国や高山からは初雪の知らせも届きます。関東では空っ …

二十四節気『霜降』(&七十二候)

霜降-そうこう-(10月23日~11月6日頃) 特徴 朝晩の冷え込みがさらに増し、北国や山里では霜が降りて朝には草木が白く化粧をする頃。梅雨が霜に変わり、だんだんと冬が近づいて来る。野の花の数は減り始め、代わって山を紅葉 …

二十四節気『寒露』(&七十二候)

寒露-かんろ-(10月8日~10月22日頃) 特徴 寒露とは、夜が長くなり、梅雨が冷たく感じられる頃。秋もいよいよ本番。菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入る。朝晩の冷え込みはきつくなるが、空気が澄んだ秋晴れの …

二十四節気『秋分』(&七十二候)

秋分-しゅうぶん-(9月22日~10月7日頃) 特徴 秋分とは、春分と同じように、太陽が真東から昇り真西に沈む、昼と夜の長さが同じになる日のこと。暑い日は減り代わりに冷気を感ずる日が増える。秋分の日を中心とした1週間が秋 …

二十四節気『白露』(&七十二候)

白露-はくろ-(9月7日~9月21日頃) 特徴 夜中に大気が冷え、草花や木に朝露が宿り始めるころ。降りた露は光り、白い粒のように見える。 野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる。日中の暑さも和らぎはじめ、だん …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社地球人 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.